出典 楽天ゴルフ

 

ゴルフで使うパターには、4つの形状があります。
最もポピュラーなピン型、L字型(ブレード型)のほか、マレット型やネオマレット型(かまぼこ型)が存在します。
今回は、それらゴルフパターの形状や特徴などを解説いたします。

 

ピン型パターの形状と特徴

ピン型パターの形状は、構えて上から見るとアルファベットの「I」のような形となっています。
ヘッドの幅は小さめで、グリーンまで寄せるのに使ってきたアイアンとそれほど感覚の相違なく使うことができます。

ピン型パターのメリット

・ヘッドが軽いため距離感覚を直感的に操作しやすい
・ヘッドが直角のため狙うラインに対して構えやすい
・ヘッドの芯が広く、多少のミスヒットでもカバーしてくれる
・昔からポピュラーで長年愛されてきた形状
・そのため非力な子供や女性、初心者ゴルファーにおすすめ
などがあげられます。
あのタイガーウッズも長らく採用していた形状でもあり、中級者や上級者でも愛用者は多い形状です。

ピン型パターのデメリット

・マレット型などに比べればストロークがブレやすいと感じる人もいる
というくらいです。

ピン型パターは、クラブシャフトがパターヘッド付近(ネック)でどのように接続されているかでさらに3つに分類されます。
最も一般的なのは「く」の字を反対にしたようなクランクネック接続タイプです。
パッティングを行う際に、ボールをセンター付近に置いてスタンスをとるゴルファーに向いています。
対照的なのはセンターシャフトタイプです。
パターヘッドの中央付近にシャフトがストレートに接続されており、ボールをやや前方に(右利きなら左足側、左利きなら右足側に)配置してパッティングする癖のある人に向いています。
その2つの中間がベントネックタイプとなります。
パターヘッドと接続するシャフトの曲がり具合が抑えられておりクランクネックとセンターシャフト両方の特性を中庸に兼ね備えています。

 

L字型パターの形状と特徴

L字型パターの形状はピン型パターとよく似ています。
異なる点は、よりアイアンに近い形状になっている点です。
パターヘッド後方部分がさらに短くカットされており、まるでロングアイアンかのような見た目をしています。

L字型パターのメリット

・ヘッドが軽く距離感覚をさらに直感的に操作しやすい
・フェースを意識しやすくアイアンを扱うような感覚で使える
・ストレートなストロークでなく、ややスイング軌道でストロークする癖のある人に向く
があげられます。

L字型パターのデメリット

・他のパター形状と比較してヘッドが細いことが一般的で安定感を感じにくい人もいる
・正しいフェースコントロールが難しく、中級者~上級者に好まれる
などがあげられます。

 

マレット型パターの形状と特徴

マレット型パターは、その形状から「かまぼこ型」と呼ばれることがあります。
通称のとおり、板に乗ったかまぼこの断面図のような形を特徴としています。
一般的には、パターヘッド後方の部位が大きく非常にすっしりとした重厚感を感じるものが多いです。

マレット型パターのメリット

・ヘッドに重量感があり安定しており左右に乱れることなくストロークできるよう配慮されている
・手首のフィーリングよりも肩から体全体を使ったストロークをするゴルファーに向く
・総じてパターヘッドがストロークを補佐してくれるイメージ
という点が挙げられます。

マレット型パターのデメリット

・パターヘッドが重い
・直感的な距離感は感じにくい
・そのため慣れるまでは距離感やライン感覚をつかみにくい
・細かく繊細なタッチで自分でボールコントロールしたいという人には不向き
という点があげられます。

 

ネオマレット型パターの形状と特徴

ネオマレット型は、マレット型パターの後方部分をさらに巨大化させたり特殊な形状にしたパターです。
各社独自のバランス感覚を実現するため空洞が設けられたタイプもあります。

ネオマレット型パターのメリット

・パターヘッドにさらに重量感や安定感が加わりストロークが安定しやすい
・手首をほとんど使わず肩から腕全体のストロークでパッティングする人に向く
・パターがストロークを徹底して補佐してくれるイメージ
となっています。

ネオマレット型のデメリット

・パターヘッドが重い
・直感的な距離感はさらに感じにくい
・繊細な操作性で自分でストロークやボールコントロールしたい人には不向き
という点が挙げられます。

もっとも、これらデメリットはマレット型パターを使い続けることで解消することはできます。
近年では、高い安定性からマレット型パターを好む人も多いです。

各社から続々と新モデルが発表されており、ひと昔前は見たこともなかったユニークな形状のパターの数々がラインナップされるようになってきています。

 

まとめ

ゴルフパターには、さまざまな形状や重さ、ヘッドとの接続形式があります。
購入される際には、ぜひ店頭で試し打ちされるなど、その手に直接取ってみてご自身のフィーリングにあった使いやすいパターを選択するようにしましょう。

関連記事


    出典キャロウェイ AI生まれのフェース面というキャッチコピーで2019年の2月に発売されたのがキャロウェイのドライバーエピックフラッシュです。国内はもちろん海外の多くのプロが使用し、ゴルフ用品全般に…


        アメリカのプロゴルファーが集まるPGAツアーで屈指の飛ばし屋、そして世界ランク1位を獲得したことがあるダスティン・ジョンソンや北アイルランドのプロゴルファーで全米オープン…


        毎年ゴルフ界を驚かすほどの革新的な新製品を送り出してくれる人気メーカーであるテーラーメイド。2019年モデルとなるM6ドライバーにおいてもこれまでとは異なる全く新しい発想…


    飛び系アイアンとは、飛距離を打ち分けるためのゴルフクラブになります。 もっと言えば飛距離性能が非常に優れているゴルフクラブです。 では、もっと詳しく飛び系アイアンについてご紹介します。  …


    出典楽天ゴルフ ゴルフは多くのスポーツの中でもテクニックや身体能力はもちろん、使用する道具の性能も成績に大きな影響を与えます。特にウッドやユーティリティ、アイアン、パターなどいわゆるゴルフクラブの性…