キャロウェイEPICFLASHエピックフラッシュドライバーUSモデル

出典キャロウェイ

AI生まれのフェース面というキャッチコピーで2019年の2月に発売されたのがキャロウェイのドライバーエピックフラッシュです。国内はもちろん海外の多くのプロが使用し、ゴルフ用品全般に定評のあるキャロウェイが販売するドライバーなので注目度は高く、人気が予想されるモデルでもあります。

そんなキャロウェイのエピックフラッシュの概要や特徴、試打レポートから見た印象についてお話ししていきます。

 

キャロウェイとは?エピックフラッシュとは?

エピックフラッシュについてお話しする前に製造元のキャロウェイについて触れてみます。キャロウェイはアメリカの大手ゴルフ用品メーカーで日本にも日本法人があり世界的に有名なブランドでもあります。

1982年に実業家のイリー・リーブス・キャロウェイがアメリカのゴルフクラブメーカー「Hickoly Stick USA」を買収し、社名を「Callaway Hickoly Stick USA」としてスタートしたのが始まりです。
その後「S2H2」(Short, Straight, Hollow Hosel:短く、まっすぐに、貫通したホーゼル)という独創的なクラブヘッド設計するなど独創的なクラブヘッドを設計し、世界的に有名なゴルフ用品メーカーとして成長しました。国内にも多くの愛用プロゴルファーがおり、石川遼や上田桃子と言った有名プロゴルフプレイヤーも使用していることで有名です。

そんなキャロウェイの販売するエピックフラッシュはゴルフクラブのうちのドライバーのブランドです。独創的なゴルフクラブを制作するキャロウェイらしくAI(人工知能)を使って球を弾き出すフェース面の設計を行うという大胆なデザインを採用したモデルとなっています。機能面などの詳細は後述しますが、希望小売り価格はオープンプライスで実売7~9万円程度という相場となっています。


 

エピックフラッシュの特徴

キャロウェイのドライバーであるエピックフラッシュの特徴をお話しする前にその名前についてお話しします。エピックは叙情詩と言った長い物語という意味があり、伝統を意味します。さらにスラングとしての意味は素晴らしいというものです。
これは伝統あるキャロウェイにおける製品のすばらしさを意味しているのです。そう言った名前に負けないだけの特徴を備えており、「FLASHフェース」、「JAILBREAKテクノロジー」、「トライ アクシャル・カーボンクラウン」、「ぺリメーター・ウェイティング」4つが挙げられます。
それらについて一つずつお話ししていきます。

1.FLASHフェース

これは冒頭から何度か触れた通りAIが設計したフェースです。ウェースのプレートの裏面に、左右非対称で波打つ独特な凹凸の加工が施されたものでこの波打つ形状がAIによる膨大な数の試行錯誤によって生み出された形状なのです。人間には考え付かない位膨大な種類のパターンを考案し、生み出したデザインなのです。これにより打ち出したボールの初速を最大化させ、飛距離の向上に貢献しているのです。もちろん独特のデザインだけでなく、フェース自体も特殊なチタンを使用し鍛造によって製造しました。
595℃で2時間熱処理することで、たわみ、反発、耐久性に強いフェース面を作り出しているのです。

2.JAILBREAKテクノロジー

フェース面の内部に2本の柱を付けたものでキャロウェイの特徴ともいえる仕組みです。まるでジャイル(刑務所)の牢獄の檻のようなニ本のポールは驚異のボール初速を更に加速させ、インパクト時のたわみによるエネルギーロスを最小限にしてくれる機能を持っているのです。

3.トライ アクシャル・カーボンクラウン

カーボンの織り方の技術でトライ アクシャル(3軸)の細かい編み込みがなされたT2Cカーボンによってドライバーを形作っているものでヘッドの重量の最適化をもたらします。

4.ぺリメーター・ウェイティング

キャロウェイの得意の技術で、約12gのウェイトをドライバーヘッドのヘリに沿ったレールに沿ってウェイトをスライドさせることができます。キャロウェイの専用工具でネジを緩めてウェイトを動かすことによってドローやフェードなど、自分好みの弾道に調整することが可能な調整機能です。

このエピックフラッシュは3種類のモデルが用意され、シャフト交換機能がついていない「フラッシュスター」は、軽量で自在に振れますし、(無印の)「エピックフラッシュ※限定品」は、バランスの良さがポイントです。

「エピック フラッシュ サブゼロ」はツアーでプロが実際に使用しているモデルでヘッドスピードが45m/s以上あるかなり実力派のゴルファー向きのモデルとなっています。このような特徴を持っているのがエピックフラッシュです。

 

エピックフラッシュの試打レポートから見た印象

エピックフラッシュの実際の試打レポートから見た印象についてもお話しします。一言で言うと大変飛距離のあるドライバーで、飛距離だけなら今までのキャロウェイでは一番というものや直進性の高さを挙げるなど飛距離に関係する評価は高かった印象です。

また三モデルの特徴についても触れている試打レポートがあり、エピックフラッシュスターは打ち出しが高くスライサーにぴったりで、無印のエピックフラッシュバランスよくしっかり振り抜けるという評価、エピック フラッシュ サブゼロは中弾道の強い球、左を気にせず振れるという直進性の高さが評価されていました。

ただ、プロも使用する機材のためやや独特のクセがあるという評判として、試打で左右に暴れたためシャフトをなじんだものにすれば更に打ちやすさが増し、飛距離が出るので強力な武器になるというレポートも見られました。このように長い飛距離と調整によって高い直進性が得られるというのが試打レポートから見た印象です。

 

まとめ

エピックフラッシュはキャロウェイを代表するゴルフクラブですが、キャロウェイの独創的なヘッド設計をAIによって行わせるという大胆な発想は近い将来のゴルフクラブ設計の革命となるかもしれません。

関連記事


        毎年ゴルフ界を驚かすほどの革新的な新製品を送り出してくれる人気メーカーであるテーラーメイド。2019年モデルとなるM6ドライバーにおいてもこれまでとは異なる全く新しい発想…


        アメリカのプロゴルファーが集まるPGAツアーで屈指の飛ばし屋、そして世界ランク1位を獲得したことがあるダスティン・ジョンソンや北アイルランドのプロゴルファーで全米オープン…


    飛び系アイアンとは、飛距離を打ち分けるためのゴルフクラブになります。 もっと言えば飛距離性能が非常に優れているゴルフクラブです。 では、もっと詳しく飛び系アイアンについてご紹介します。  …


    出典楽天ゴルフ ゴルフは多くのスポーツの中でもテクニックや身体能力はもちろん、使用する道具の性能も成績に大きな影響を与えます。特にウッドやユーティリティ、アイアン、パターなどいわゆるゴルフクラブの性…


    出典 楽天ゴルフ   ゴルフで使うパターには、4つの形状があります。 最もポピュラーなピン型、L字型(ブレード型)のほか、マレット型やネオマレット型(かまぼこ型)が存在します。 今回は、そ…