Just another WordPress site

一戸建てこそ家としての価値が高いのです

私たち人間は家に住んでこそ人間らしい生活を送る事が出来るのです。家に住まなければ日々の生活を外で送らなければならなくなりますので、安心して生活する事が出来ないのです。家と言うのは私たちに安心という目には見えないものを与えてるのです。家に住むことで風雨や暑さや寒さからも守ってもらえますので、あらゆる面で安心感を得る事が出来るのです。家には借家と持ち家があります。多くの人は経済的などの理由により借家に住んでいます。ですが家に安心感を求めるのなら、やはり持家の方が良いと言えます。借家はいつ住めなくなるか分かりませんから、安心感を得る事が出来ないのです。最近は持ち家と言っても価格の手頃さから分譲マンションを購入する人が増えています。分譲マンションなら所得の低い人でも購入する事が多いですから、人気が集まっているのです。しかしマンションは住まいだけで土地がありませんから、持ち家と言っても価値は一戸建てよりも下がると言えます。やはり家と言うのは住まいと土地がセットであるからこそ、高い価値が生まれるのです。ですからマンションに人気が集中していますが、不動産価値などを考慮に入れれば一戸建てを選択した方が良いと言えます。分譲マンションは購入してもその後管理費や修繕費や駐車場代などを徴収されますので、あたかも借家に住んでいるかのような気分になる事があります。一戸建てはその点そのようなお金を徴収されることはありませんから、ローンだけ返済していれば済みます。

新築一戸建てに住んで半年になります

私は主人と3歳と1歳の子供と今は新築一戸建てを昨年8月に買って住んでおります。半年が経ちました。それまでは賃貸のアパートに住んでおりました。賃貸で集合住宅だったので、子供たちが大きくなるに従って騒ぎ声やバタバタ走る音やガシャガシャする音がどうしても同じアパートの住人に迷惑がかかるのではないかと気になって仕方がありませんでした。幸い注意されたことはなかったのでよかったのですが、子供をノビノビさせることが出来ず常にピリピリしておりました。また、借りてる家だと思うと、壁を汚さないようにとかフローリングに傷をつけないようにと神経を使ったりもしました。今は、その時神経を使ってたものがなくなったわけではないですがだいぶ軽減されました。多少の足音、騒ぎ声も家の窓を閉めていればそんなに聞こえなかったりします。フローリングや壁ももちろん傷ついたら新築なのでとても残念な気持ちになり嫌ですが、それでもいずれは汚れたり傷つくと割り切って早いか遅いかの違いでそこはもう諦めの気持ちが出てきました。新築一戸建てを思い切って今は買ってよかったと夫婦で話しております。まだ新しいので家のどこかが傷つくとせっかくまだ住んで半年なのにと少しショックを受けるので、出来るだけ傷つけないように家を長持ちさせるつもりで生活しております。友人からは子供が大きくなってから住宅は買ったほうがいいと言われた理由が分かりましたが、私たちも若くはないので、出来るだけ早いうちに買ってローンを長引かせないようにしたいと思って、子供が小さいがそこは目をつむりました。今は子供がノビノビ解放されよかったと実感しております。

一戸建て住宅を購入するメリット

都会の喧騒を離れて、郊外や地方の落ち着いた環境の中で生活を送りたいなら一戸建て住宅が魅力的です。マンションと違い、壁一枚で隔てられていることがないので隣近所に対して必要以上に気を遣うことがない為です。特に小さなお子様がいるご家庭の場合だと、どうしても騒がしくなってしまいがちなので迷惑をかけているのではないかとストレスになってしまいがちです。終の棲家としてその土地に根を下ろして生活をしていくならば、一戸建て住宅を購入しておくことで地域コミュニティへの参加もしやすくなりますし人間関係の形成もしやすくなります。何よりのメリットは、ローンを返済した後は家賃を支払う必要がなくなるので人生設計を立てやすいと言う点です。定年退職を迎えれば年金収入になってしまうので、収支のバランスを現役時よりも注意しなければなりませんが、持ち家を持っていれば計算がしやすくなります。また、子供たちには帰ってくることができる場所を提供してあげることになるので幼馴染を作ってあげることも可能です。一戸建て住宅を購入する場合に注意しなければならないのは、老後にリフォームをする必要がないようにバリアフリーにしておくことです。階段も滑りにくい素材を選ぶことも重要になります。小さなお子様や高齢者に配慮をして、安心して生活することができる空間を最初から用意しておくことで後々の出費を抑えることができる上に怪我などのリスクを回避することができます。